ガラクタやの開業のこと

【開業秘話】雑貨屋の外装を・・変えない!?!?

投稿日:2018年9月11日 更新日:

スポンサードサーチ

お財布事情により、内装工事を諦めたわたくし

内装・外装は雑貨屋の命ともいうべき大事なポイント

お金がないからと言って、手抜きしていいポイントではないですよね

それでも「手作りしちゃお」と思ったのは

がらくたやというお店を【宝探しできる、秘密基地】にしたかったからなのです

その土地を乗っ取っちゃったぜ!

みたいな【大人が本気で遊んで作ったお店】にしたかった

 

(ほんとのこと言えば、まじでお金なかっただけなんだけどね、お金あったら工事してるわ(´-`).。oO

開業軍資金100万円も物件契約で半分バイバイしまして、残りの全財産は約50万円ほど

もうこうなったら、手作りでどこまでやれるか

やってやろうじゃないの٩( ‘ω’ )و

前回の「内装を変える話」から読みたい方はこちら↓

「雑貨屋 開業までのこと」を全部読みたい方はこちらのカテゴリページからどうぞ〜↓

外装を・・・変えない!?

居抜きで借りた物件でしたが

雨避けの緑色のテント(屋根)が残っていて

ご丁寧に、前のテナントだった「体質整体院」の文字まで残っていた

はい、これです

悪あがきで「?」だけ書いてます。いや〜、いいお天気!

テントの張り替え工事(文字なし)を見積もったところ

30万ですね」

。・゜・(ノД`)・゜・。

タカ〜イ

そりゃそうですよね、世間を知らなかった

お店の名前を入れると40万くらいするそうです

 

テントも、儲かってから新しくすることにしました

外装、変えない

体質整体院と書いてあるテナントで、雑貨屋を始めます

シャッターを閉めてしまえば、もう何屋だかわかりません

 

ま、いっか

秘密基地感が、出てきました(前向き)

【余談ですが】「ここは整体ですか?」と開店当時よく聞かれました

(どう見ても違うでしょうが!)と思いながらも

「どうですかね〜〜?腰か肩ですか?そのへんに寝転がってくれたら揉みましょうか?免許とか持ってないけど、あはは」

とか言って笑いを取っておりました

みんな怒らず笑ってくれる、いい街です

 

スポンサードサーチ

A看板を作る

テントも「体質整体院」だし

何屋かわからないので、せめて看板だけでも

と思って作りました

木の板を2枚買ってきて、繋げて、蝶番をつけたら完成〜

これで何屋かアピールできます

材料費は木材代と、ねじ、蝶番、ペンキ3色(黄色にこだわったら結構いいお値段した)の大きな缶を買って来て、トータル1万円いかないくらいだったと思います

本当はドアを木製に変えたり

(2つ前のテナントが婦人服のブティックで、そのときからのドアなので、めっちゃブティック感・・。黒色も気に入らないし取っ手の金属っぽいのも嫌い!儲かったらまずドアを変えたい)

他にも外装に関して変えたい箇所は山ほどあったのですが

今は、我慢我慢

 

儲かる業種ではないので、内装にかける数十万

下手すりゃ数百万を、営業しながら取り戻す自信はありませんでした

外装に関しては特に後悔はありません

(内装や什器をケチって後悔する話は、これから嫌という程記事に書かなきゃいけけない・・・気が重いぜ!)

あとは運良くこの物件が「雨対策」に長けていたこともあって大きな工事をしないで済みましたが

私のお友達のお店は、大雨が降るとドアの下から雨が流れ込んで来てしまって、いつも雑巾で水をせき止めるなど苦労してます

「地震、大雨などの災害対策」のための工事は絶対ケチっちゃいけないところです

というかその点は「物件を決めるときに」確認した方が良さそうですね

(うちのお店は道路より一段高くなっていて、水はけが良い。雨の日も水がどんどん下に流れてくれるので安心でした)

 

借金して、内装外装ちゃんとする道もあった

今思えば、

最初借金してでも完璧なお店を作ればよかったかな、とも思います

けど借金なしで結局5年もお店が続いてきたという事実もあるし

何が正解なのかは解らぬままです

借金についてのことはまた別の記事で書いてみようと思ってます

5年のうちに、お金に対しての考え方、接し方?扱い方?も少しずつ変わってきたので

今は商売のために「お金を借りる」ということ自体に「負のイメージ」はありませんが

何にその貴重なお金を使うのか」が一番重要だと思っていて

 

 

素人が商売を始めたばかりの頃に「どこにお金をかけるのか」判断が出来るのかな?

 

 

と考えると、【私は当時お金があっても適切に使えなかっただろう】と確信しています

・・・

・・・

やっぱり最初にお金借りなくて正解かも

次回は「什器を揃えたり」「商品を仕入れたり」していきます(^ ^)

ではでは〜


→チェコ軍ビンテージライト1950年←

 

スポンサードサーチ

あわせて読みたい

-ガラクタやの開業のこと

関連記事

素人が雑貨屋を開業したら、とにかく人の助けが必要だった話

こんにちは!ガラクタやのひとみです 素人が雑貨屋を開業して1年目の頃の話 右も左もわからなくて、相談できる人もいない そんな期間に手を差し伸べてくれた人たちがいました 多分、その人たちが居なかったら、 …

雑貨屋開業したらそれぞれの「成功の基準」が違った話

こんにちは!ガラクタやのひとみです 東京に実店舗を持ちながら、雑貨屋開業ブログを書いてます これから起業したい人たちそれぞれの「成功」の定義が違ったら、進むべき方向も違ってくるよねえ‥ということに気付 …

素人が雑貨屋をはじめて1年目はこんな感じ

こんにちは〜ガラクタやのひとみです 前回は開業1ヶ月目の売り上げをお恥ずかしながら公開しました↓ 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。【開業秘話】雑貨屋をはじめて1ヶ月、肝心の売上げは・・!?http …

【大学中退から起業まで】ーひとみ、大学やめるってよー

こんにちは、ガラクタやのひとみです! 開業時、25歳。雑貨屋でのバイトもしたことすらない、本当の素人でした 今回は、お店を始めるずっと前のこと、大学を中退したときまで遡って書いていきます! スポンサー …

【開業秘話】雑貨屋オープン直前!超最低限の備品リスト

こんにちは!ガラクタやのひとみです さてさて、今回は雑貨屋さんオープンが近づいてきた頃の話 一番慌ただしく、ソワソワしてしまう時期です   お店オープンまでのドタバタを読みたい方はこちらのカ …

【開業秘話】雑貨屋さんの物件探し どこにお店を借りる?

アジアのマーケットで無駄に自信をつけて 開業に向け動き出した25歳のわたし 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。【雑貨屋になる!】アジアの商売人の教えhttps://garakutayablog.com …

記事を書いてる人
ひとみ @ekodanogarakuta
2010年 早稲田大学中退
2013年 資金100万円で東京江古田に
雑貨屋 ガラクタや ネバーランド開業
Blog 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。
雑貨屋生活、開業&経営話などなど配信
お問い合わせはTwitter or Instagram
などDMで待ってま〜す(*´艸`)
follow us in feedly  follow us in feedly



SPONSORED LINK