インド

【インド】私はこうして騙されました①【詐欺師のアジトに行った話】

投稿日:2018年10月21日 更新日:

ナマステ〜!ひとみです( ^人^)

インドのデリーといえば旅行者の玄関口

=まだインドに慣れない外国人を狙った詐欺が横行しています

 

私が学生の頃、先輩は13万のツアーを組まされほぼ一文無しになりました

ネパールで出会った旅慣れしているバックパッカーの男性も、仲良くなったインド人に10万円と荷物を取られたと言っていました

そして現地インドで、高額な詐欺にあった学生さんにもたくさん会いました

お金を払うまで「軟禁された」と話す人も…

そして私も、まんまと詐欺にあいました

 

「地球の歩き方」でも数ページにわたって「詐欺にあった人たちの話」が載っているし

詐欺のパターンはほぼ決まっていて、知っていれば避けらると私も思ってました

私が詐欺対策をしまくっている過去記事がありますのでよかったらこちらもお読みください〜)

なぜか、それでも引っかかるんです

本当に、本当に、彼らの詐欺の手口がめっっっちゃくちゃ巧妙!!!

まるでひとつの舞台を見ているようです(´-`).。oO

実際に私が【騙されて彼らのオフィスに連れて行かれるまで】を前編①にまとめました

 

スポンサードサーチ

デリーの駅やバス停では、警戒MAXで!

11月〜1月のインドは毎日のように霧が発生して、飛行機や電車の欠航や遅延がよく発生します

電車の10時間遅延なんかは日常茶飯事!

私たちの乗る電車も濃霧で遅延しないかと、前日から心配はしていました

当日、朝5時にニューデリーの駅に行き、電光掲示板で「電車の到着時刻とホーム」を確認すると…

 

「どこにも、載ってない!」

何度見ても、乗るべき電車がパネルに表示されてない

その前の電車も、後の電車も表示されているのに、その電車だけ見つからない

 

「(あ〜やっぱりキャンセルになっちゃったかな、でも確認しなきゃな)」

そして駅員さんに問い合わせに行こうとしたところ、黒いジャケットを着たインド人が寄ってきて

インド人① 「チケットを見せてください。あ〜この便は霧でキャンセルになりましたよ」

前日から心配していたことだったので私は「やっぱりね」とまず少し納得してしまったんです

これが、失敗のはじまり

※後からわかったことですが、この電車は本当に霧で欠便していたみたい!!

本当はここで 本当の駅のカウンターに行って確認をすべきでした

 

詐欺師は一人じゃ無い!連携プレーに気をつけろッ!

インド人①「あーこの電車は霧でキャンセルになってますね」

私が少し納得してしまい、さてどうするかと考えていると

同じデザインの黒いジャケットの男がもう一人やって来て

 

インド人② 「あー欠便になっちゃった電車のことね。次の電車を手配をすれば目的地には行けますよ。ただ、早くチケットを取らないと、あなたと同じように皆乗れなかった人たちでチケットが売り切れちゃうかも!急いで次のチケットを取らないとね」

 

今度はもう一人登場

インド人③ 「この時間は外国人専用窓口は空いていないから、DTTDC(デリー観光開発財団)でチケットを取って7時にオールドデリーの便に乗れるように手配しましょう」

インド人タクシー運転手④ 「そりゃ大変だ、時間がない!俺がする乗っけてあげるよ。200ルピーでオフィスと、そこからオールドデリーまで乗っけてあげるよ」

 

ええええええ!!!!!!!

気がついたら大勢のインド人に囲まれている((((;゚Д゚)))))))

そして、なんだか怪しすぎる

これ地球の歩き方に載ってる詐欺の超王道パターンなんですが、インド人の口が達者すぎるのと、インド人に囲まれてまくし立てられてちょっとパニックに…実際自分がそんな環境に置かれると「怪しい」くらいにしか思わなかったんですよね)

 

スポンサードサーチ

DTTDC(デリー観光開発公団)に連れて行く=詐欺と心得よ

この時、私は「怪しい」と思って

大きなキャリーケース2つと、前日下痢で倒れて弱っている同行者のモリさんをその場に残し

自分で電車キャンセルの事実を確かめに行きました

 

電光掲示板にやっぱり電車は載っておらず、駅のチケット窓口が見つからず、ウロウロウロウロ(もっとよく探せば開いてたかもしれない)
どんどん不安になってきた…

「どうしよう、本当に欠便だ」

インド人に急かされていたのもあり、パニックになりながら先程の場所に戻ると…..

 

 

 

キャー!!!!((((;゚Д゚)))))))

私の大きな荷物はすでにタクシーのトランクルームに入れられ

同行者のモリさんはまるで人質のように4〜5人インド人に囲まれ小ちゃくなっておりました

Aさんは英語が全く喋れず、私ほどインドの防犯について知らなかったため、インド人の言いなりになってたみたいです

 

そもそもこのインド人たちが連れて行きたいという「DTTDC」は、何を隠そう私たちが数日前にアグラ日帰りツアーを利用した旅行会社!

行ったことあるんです!スタッフは地味な女性一人で、外で営業をするような会社じゃないことも自分の目で確認していたんです

↑この記事で、すごい警戒しながらDTTDCに行ってます

それでも疲れてぼーっとしていたので、そんなことにも気付かず

ああ、本当にバカ!

「疲れ」は判断ミスのもと

同行者を人質に取られ、重くて大きな荷物2つを取り返すほどの体力と気力が私にはありませんでした

1週間のデリーの滞在で溜まった疲れと、早朝の暗さによる「不安」で

今までなら元気にインド人と喧嘩するのに

この時は、諦めて奴らのタクシーに乗り込んでしまいました

「…….終わった」

と思うと同時に

「お金さえ払えば今の状況が終わるんでしょ」

と少し安心さえしていました

そしてついに奴らのアジト「ニセの旅行会社」に到着

奴らのアジト/中が見えないようになってる、ヤバさプンプン!

周りには街灯もなく真っ暗で、奥まった場所にオフィスはあって

「ああー今どこにいるのかもわかんないし、逃げられないわ」

もう腹をくくりました

しっかり写真に納めましたが、すかさず運転手が「おい!写真にとるな!!」と激怒

 

スポンサードサーチ

前半のまとめ/知っているだけじゃ不十分、常に油断しないこと

私は詐欺対策として、いろんな人の旅ブログを読み込んでいました

特にこのさくら剛さんのエッセイは、騙されたりお腹壊したりの「トラブル記録」なので

インドの怖さを想像させてくれるのに十分でした(著者も下調べなしでインドに渡航してる)

パターンも頭に入っているし、オートリキシャに乗るときでさえ最新の注意を払っていたのに…

それでも騙された私の敗因は

・朝早く頭がぼーっとして油断していた

・本当に私の乗る電車がキャンセルになっていた(ので信じてしまった)

・仕入れ旅のため荷物が多く、フットワークが重かった

・デリー滞在の疲れがピークで、元気がなかった

 

次の街に移動するのが「夜」だったり「早朝」だったりすると勘も鈍りがち..

ほんと、油断禁物です

他にも睡眠薬強盗や、実家に遊びにおいで詐欺など、いろんなパターンがあります

他のアジア諸国を旅したことがあるから気軽にインドにも行ってみよ〜、は危険

「俺は大丈夫」と強がってる男性だって、知らない国の暗がりで軟禁されて御覧なさいな!

おしっこちびっちゃうよ!

薄っぺらい旅行誌だけじゃ足りないです

地球の歩き方の犯罪被害例など読み込んでからの渡航をオススメします

インド大使館の注意喚起ページの情報もやくに立ちそうだったのでリンク貼っておきますね

後編は、彼らが高いツアーやチケットを売りつけるまでの小芝居(大芝居)を書いていこうと思います

ではまた〜( ◠‿◠ )

スポンサードサーチ

あわせて読みたい

-インド

関連記事

タージマハルはサクッと日帰りツアーで【バスツアーで三角関係!?】

ナマステ!ひとみです このときは仕入れ旅(正確には仕入れ視察の旅)だったので観光もそこそこに街歩きばかりしていましたが やっぱり世界遺産タージマハルくらいは見ておきたいよ!と急遽、日帰りのバスツアーに …

インド、憧れのバラナシ④【バラナシの食事まとめ】

ナマステ〜(๑>人<๑)ガラクタやのひとみです インド旅ブログ、バラナシ編もついに④!今日は食べ物が美味しい街、バラナシで食べたものたちをまとめてみました   ボリュームたっぷり …

インドで下痢嘔吐、そのまま入院した話【インドの病院食はまさかの…】

ナマステ〜ひとみです( ◠人◠ ) (ああ、4日入浴していない、入院後のすっぴんを晒すのは大変お見苦しいですが、いい出会いの写真だったので….) 前回の記事で、デリーでまんまと詐欺師に騙さ …

インド、憧れのバラナシ③【面白い人、気になる人特集】

こんにちは、ガタクタやのひとみです٩( ‘ω’ )و インド旅ブログ、バラナシ編③に突入です インド旅では楽しい人々に出会いすぎましたが、バラナシも濃ゆい人々に沢山出会いました …

【インド】私はこうして騙されました②【詐欺師相手にも値引き交渉!】

ナマステ〜ひとみです( ´ 人` ) 前回、ものすごいヘマをしていよいよ詐欺師のアジト「ニセの旅行会社」まで来てしまいました!   そこでインド人達の手の込んだ芝居と どうやってその場を乗り …

インドの寝台列車に30時間乗っていた話【楽しかったよ!】

ナマステ〜ガラクタやのひとみです( ´ 人` ) 前回の記事の通り、ジャイプルでは病院をしっかり観光して、次の街ブッダガヤへと向かいます ブッダガヤは文字通り、ブッダが悟りを開いた地。各国の仏教徒やお …

記事を書いてる人
ひとみ @ekodanogarakuta
2010年 早稲田大学中退
2013年 資金100万円で東京江古田に
雑貨屋 ガラクタや ネバーランド開業
Blog 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。
雑貨屋生活、開業&経営話などなど配信
お問い合わせはTwitter or Instagram
などDMで待ってま〜す(*´艸`)
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
  follow us in feedly
  follow us in feedly



SPONSORED LINK