インド

インド、憧れのバラナシ③【面白い人、気になる人特集】

投稿日:

こんにちは、ガタクタやのひとみです٩( ‘ω’ )و

インド旅ブログ、バラナシ編③に突入です

インド旅では楽しい人々に出会いすぎましたが、バラナシも濃ゆい人々に沢山出会いました

(でもやっぱり1番印象に残っているのはやっぱりインドのパパだなあ↓)

バラナシの楽しい(濃ゆい)人々を順に紹介します

 

スポンサードサーチ

バラナシの笛売りおじさん

ガラクタやの人気商品、バンスリ!入荷するとすぐに売り切れてしまう笛です

うちのバンスリはここで購入

インドの楽器屋で何度も笛を買おうとしたけど、どこの笛も中身が汚すぎて

試奏した瞬間に「汚くてむせる」ほど中にホコリが詰まっていたのです..

このおじさんの笛だけは、とても綺麗でした

売り方、すごい(笑)

見栄えもすごいよ!!まんまと立ち止まっちゃったよ!!

 

 

 

バンスリとは、インドやネパールの横笛(フルート)のこと..

実は私、小学5年の頃から大学1年までフルートを習っていたので笛が大好きなのです

竹でできた原始的な笛でしたが、すごく音程がしっかりしていたので購入を決めました

もちろんおじさんの演奏もすごく上手!

私も試奏させてもらったら、おじさんが合わせてくれて、セッション発動♫

音楽は、言葉を超えるね

おじさんはただの商売人じゃなくて、立派な音楽家なんだな〜素敵だな〜

(あとで写真を見ると、隣に座るイケメンが気になって仕方ない..なぜ当時気づかなかったんだ..)

 

すごい量のものを運ぶおじさん

すごい量のものを運ぶおじさんは、バラナシじゃなくてもインドのそこら中にいました

3輪自転車で、この量の一斗缶を運ぶ..

もちろん、すごくキツそうだし、スピードも遅め

見かけると「頑張れ!!!」と言わずにいられない、運び屋おじさん

この縄で固定するうちに、上から崩れて来ないのか、とか

この「途中で落ちちゃった一斗缶」はどこに載せるのかとか

とにかく謎は多い..

 

もうその積み方、芸術だよ..!頑張れおじさん!

 

 

スポンサードサーチ

ガンジス河にいる、サドゥー

サドゥーとはヒンドゥー教におけるヨーガの実践者や放浪する修行者のこと

バラナシには、寄付を目的にしたニセモノのサドゥーも沢山いましたが、

このおじいさんサドゥーは本物でした

「元気か..?」とたまに口を開いて私たちに声をかけてくれる

サドゥーの元に集まる、おじさんたち

信者のような感じなのかな..??

 

 

基本的にサドゥーは住所を持たず、放浪して、あまり食事を口にしない

その他、独自のルールに基づいて修行を行うそうです

食事を一切しないサドゥーもいれば、右腕を一生上げ続けたり、半日以上瞑想をするサドゥーなど..

目が合うと、びっくりしてしまうような見た目ですが、とっても穏やかで、いい人でした

 

派手好き運転手さんたち

この旅、ちょうどバラナシで新年を迎えました

ヒンドゥー教ではクリスマスも関係なく、新年も大々的に祝うムードではなかったのに..

 

Happy New Yearと書いてある、デコトラならぬデコリキシャ!

しかもこれ、よく見ると「生花」..!造花じゃなかった〜

派手にしているとお客さんが増える訳でもなさそうな雰囲気だったので

完全にオーナー(運転手さん)の趣味なんでしょうね

個性が光ってて、いいッ!どこに行く予定もなかったので乗らなかったけど、私はきっとあなたのリクシャーを選びます(*´꒳`*)

自転車で私たちを運んでくれるサイクルリキシャーも、デコレーション

これはあまりにペイントが上手すぎた!

アーティストに頼んで描いてもらったのだろうか??それともこのお兄さんが描いたのだろうか??

他のサイクルリキシャーに比べても綺麗で新しい自転車だったから、きっとこの仕事のために投資したんだろうなあ

 

 

この運転手さんたちだって、個人経営者

私も個人経営者のはしくれとして、応援したくなっちゃう

私はインドで、とても丁寧な対応をしてくれたり、笑わせてくれたり、心に残った人にはほんの少しだけ(10ルピーとかだけど)多めに払うようにしています

だって、嘘ばっかりついて、騙す人だけが儲かる世界なんて、変じゃない!

誠実にやっている人が、馬鹿を見ない世の中がいい

儲からない日は私も落ち込むけど、そこでズルしないことを続けていったら、いいことがあるんだって、たまには思いたい

日本だって、そうであってほしいな..

 

スポンサードサーチ

その道60年の髭剃り屋のじいさん

私は髭ないので..

今回の旅の同行者のモリさんが、インドにきてから全然髭を剃ってなかった!ということで

ガンジス河のほとりの「青空髭剃り屋」で髭を剃ってもらいました

 

 

本当にイスと鏡があるだけの、シンプルな商売

ポケットからブラシやクリームを取り出して、おもむろに塗り始めました

「俺は、小さなことからこの仕事をして誇りを持ってるんだ」

「この道60年の超ベテランだよ、ハハハ!」

そう言って笑うおじいさんは、とてもいい顔をしていた

インド人はとても綺麗好きなので、みんな毎日のようにお髭を整える

きっと60年もこの道にいるおじいさんの腕は相当なものなんだろう..

髭剃りが終わったモリさんに聞いてみました

「どうだった?やっぱり上手だった??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「3ヶ所、血が出た。ここと、ここと、ここ」

 

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO

やっぱりインド人はテキトーなのかもしれない

 

行商のおじさん

よくインド旅のブログで「行商と値下げ交渉でケンカをした話」を読んだことがあります

でも私は、この行商さんとのやりとりも、嫌いじゃなかったです

 

 

「ハローマダム、ポストカード??ベリベリスペシャル、ハイクオリティー!」

「ハウマッチ?」

「1,000ルピー(2000円)、でもマダムには特別に300ルピー(600円)でいいよ」

「高いッ!日本でもその値段じゃ高いわ!絶対買わない!」

「OHッ!じゃディスカウントね!100ルピーでいいよ!」

 

 

 

 

すぐに半額以下になっちゃったよ(笑)

 

 

 

 

他の行商さんも、最初1,000ルピーって言ってたのに、ふたこと目には100ルピーになっていたり

「嘘つくなら、もっとちゃんと嘘つこうよ〜」ってツッコミを入れたくなっちゃうような嘘のつき方をします

まるで子どもがついた嘘みたいで、どこか憎めないんですよね

怒るどころか、笑っちゃう(笑)

 

 

 

後になってやっぱりポストカードセットが欲しくなって、ガンジス河のほとりでおじさんを探したけれど、ほしい時には出会えない不思議

インド商人たちのボッタクリ価格って「試しに、高い価格をいうだけ言ってみよう。それで成功したら儲けもんだぜえ!」みたいな感覚なんだと思う

とりあえず、万が一の可能性にかけて高値を言ってみる

私は日本でも「言い値の商売」をしている古物商なので、お互いの価値が一致すれば、いくらで成立しても構わないかな、と思っています

(「言い値の商売」については過去記事でも触れています↓)

 

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたか??

バラナシ特有の面白い人もいれば、インド各地にいらっしゃる楽しい人も、ごっちゃにまとめてみました

私はこんなインドの人々が大好きです

次回はバラナシの「美味いもの特集」を書こうと思います〜〜

ぜひまたお付き合いいただけたら嬉しいです(๑>◡<๑)

ではまた〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

インドのバラナシでインド人女性と結婚し、カフェ経営しながら生活している日本人の方のエッセイ、めちゃくちゃ面白かったです!

挿絵は練馬の誇るインド料理屋(ケララ・バワン)夫人、流水りんこさん☆

 

スポンサードサーチ

あわせて読みたい

-インド

関連記事

タージマハルはサクッと日帰りツアーで【バスツアーで三角関係!?】

ナマステ!ひとみです このときは仕入れ旅(正確には仕入れ視察の旅)だったので観光もそこそこに街歩きばかりしていましたが やっぱり世界遺産タージマハルくらいは見ておきたいよ!と急遽、日帰りのバスツアーに …

インド、憧れのバラナシ②【ガンジス河の散歩と火葬場での話】

こんにちは〜!ガラクタやのひとみです(*^人^*) インド旅ブログ(一応仕入れ旅)も終盤 前回はバラナシに到着しただけで1日終わっちゃいました インドでは何をするにも時間がかかるから、何があっても「ま …

インドで下痢嘔吐、そのまま入院した話【インドの病院食はまさかの…】

ナマステ〜ひとみです( ◠人◠ ) (ああ、4日入浴していない、入院後のすっぴんを晒すのは大変お見苦しいですが、いい出会いの写真だったので….) 前回の記事で、デリーでまんまと詐欺師に騙さ …

【インド】私はこうして騙されました①【詐欺師のアジトに行った話】

ナマステ〜!ひとみです( ^人^) インドのデリーといえば旅行者の玄関口 =まだインドに慣れない外国人を狙った詐欺が横行しています   私が学生の頃、先輩は13万のツアーを組まされほぼ一文無 …

またインドと向き合うときが、来たようだ

こんにちは、ガラクタやのひとみです 今回はガラクタやの恒例イベントとなった冬のインド仕入れ旅について書こうと思います♬ 記事の中程で、インド旅での体調管理についても書いてますので 「仕入れ興味ないよー …

インドで病気(下痢嘔吐)にならない方法を看護師さんと話し合ってみた

こんにちは〜ガラクタやのひとみです 仕入れ視察旅でインドで3泊入院した私ですが、それでもインドにハマってしまい、毎年冬に渡航するようになりました ドミトリーの部屋(相部屋)に泊まると、毎晩誰かしらがト …

記事を書いてる人
ひとみ @ekodanogarakuta
2010年 早稲田大学中退
2013年 資金100万円で東京江古田に
雑貨屋 ガラクタや ネバーランド開業
Blog 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。
雑貨屋生活、開業&経営話などなど配信
お問い合わせはTwitter or Instagram
などDMで待ってま〜す(*´艸`)
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
  follow us in feedly
  follow us in feedly



SPONSORED LINK