旅の準備編

上海浦東・北京・昆明空港での国際線乗り継ぎ【やり方まとめ】

投稿日:2019年1月2日 更新日:

こんにちは!ガラクタやのひとみです

毎年冬はインドへの仕入れ旅が恒例になりつつあります

いつも最安の「中国東方航空」で中国を経由してインドに向かいます

日本の航空会社の直行便と比べると半額ほどで行けちゃう!私はいつも比較サイトエアトリで調べております(ᵔᴥᵔ)

 

 

しかしながら、中国での乗り継ぎにはいろいろなトラップがあり、私も何度か大変な経験をしました。そこで

  • 経由地で、預け入れ荷物は一度受け取らなきゃ行けないの?
  • 乗り継ぎの時間はどれくらい確保すればいいの?
  • 乗り継ぎの空港によって気をつけること(上海・北京・昆明空港)

をまとめました

スポンサードサーチ

Q.乗り継ぎ空港で、預け入れ荷物は一度受け取るの??

A. 空港によって違います

 

 

預け入れ荷物を取り出す場合

=1度中国に入国し、荷物を取り出し、またチェックインする必要があります

 

預け入れ荷物を取り出さない場合

=荷物はそのまま次の便に運ばれるので、何もせずにそのまま、乗り継ぎ用ゲートに進みます

航空会社や、発着場所によって違いがあるかもしれないので

チェックインの際に「〇〇空港で預け入れ荷物を取り出す必要があるのか?」を必ず確認してください

参考になるかはわかりませんが、私の乗り継ぎした時のことを参考までに書いておきますね

 

東京→北京→インドの場合

荷物は取り出しませんでした

 

東京→上海浦東→インドの場合 ←注意!

荷物は取り出しました

 

東京→昆明→インドの場合 ←注意!

荷物は取り出しました

 

ネパール→上海浦東→東京 ←注意!

荷物は取り出しました

 

インド→北京→東京

荷物は取り出しませんでした

 

インド→昆明→東京 ←注意!

荷物は取り出しました

 

 

結果、昆明空港と上海浦東空港では荷物を一度取り出してから乗り継ぎをしました

あくまで私の乗り継ぎした時の話なので、チェックインの時に必ず確認されるのが良いと思います

 

Q. 乗り継ぎの時間はどれくらいがいい?

A.  2時間だと少し不安。4時間以上あると安心

エアトリでまずはインド、ネパール行き格安航空券を検索してみましょう

中国経由のチケットでも、乗り継ぎ時間が2時間〜40時間まで様々なものが売られています

もちろん24時間あれば街に出て一泊する方がいいと思いますが、問題は乗り継ぎが2〜3時間しかない場合..

 

 

私は10回ほど、様々な空港で中国乗り継ぎをしました

中でも3〜4回、乗り継ぎ空港までの飛行機が遅延したことがあります

遅延が発生すれば、もちろんその分乗継時間が減ります

次の便に乗り遅れるほどではなかったものの、搭乗ゲートまで本気で走りました

(特にインド、ネパール発の飛行機が遅れることが多い)

遅延の時間によっては次の便に乗れないこともありうるので、乗り継ぎ時間には余裕を持ってチケット予約をした方がいいと思います

 

 

特に、一度荷物を取り出さなくてはいけない昆明空港や、上海空港では2時間では不安です

その理由は下にまとめてあります

特に初めての乗継ぎの場合は時間に余裕を持たせましょう

 

スポンサードサーチ

乗り継ぎ空港ごとに気をつけることまとめ

上の項目でも少し触れましたが、各空港ごとにシステムが違うため、慣れないと乗り継ぎが難しいです

各空港別に気をつけることをまとめました(各空港内のマップもあります)

 

 

北京空港(北京首都国際空港)

荷物を取り出さなくてよいので乗り継ぎしやすかったです

特に不便な点はありませんでした

北京空港内マップはこちら↓

 

 

昆明空港(昆明長水空港)

こちらは1度中国に入国し、荷物を受け取り、再度航空会社のカウンターにてチェックインして出国する、という手続きが必要になります

空港はそこまで大きくないので迷うことも少ないでしょうが、この入国出国に時間がかかるので注意が必要

 

 

空港は24時間開いているそうです

旅先で会った人の中には「深夜、締め出された」という人がいました

他にも、公安が見回りをしていて深夜に空港を締め出された話をいくつか聞きました

2014年には昆明駅爆破事件があり、テロ対策のために空港を立ち入り禁止にしていた期間があったようです

こればっかりはタイミングなのでなんとも言えませんが、基本的には24時間開いているので、朝の便まで空港内で仮眠をとることもできそうです

空港ロビーでは白タクドライバーの勧誘がうるさかったです

 

 

上海空港(上海浦東空港)※要注意※

まず、上海空港には2種類あります

上海浦東空港と、上海虹橋空港

浦東空港に着いて、虹橋空港から次の便に乗る、なんていうおかしな乗り継ぎチケットもごく稀に存在するようなので注意が必要です

上海浦東空港はとにかく広い!!浦東空港マップはこちら↓

 

ここの乗継ぎは要注意!!!

何と言っても

中国東方航空が公開しているこの「乗継案内」のページが、間違っているのです

このページは参考にしてはいけません。乗り遅れます

これを参考にして乗り遅れた方があとをたちません

また、空港職員が間違った案内をすることが多いのも難点です

こちらの記事で、上海浦東空港のひどい対応についても触れて(怒って)いますので利用する方は合わせてお読みください

 

上海浦東空港の【正しい】乗り継ぎの仕方

まず、上に貼ったリンク

【中国東方航空の乗継案内ページ】を参考にしないでください

 

①飛行機を降りたら、中国に入国する

機内で、中国に入国するための「イミグレーションカード」を受取り、記入しておきましょう

入国目的にチェックを入れる欄がありますが、乗り継ぎするだけなので空欄でOKです(聞かれたらトランジットと答えましょう)

飛行機を降りたら、指紋登録ブースがあるので、登録します

このあと進むと【transit】の看板がありますが、ここには行かず、イミグレーションカウンターに並びます

 

②荷物をいったん受け取ります

そのまま荷物受取りカウンターに行き、回ってくる荷物の中から自分の荷物を受け取ります

ここからが難関なので、可能であれば行き先が同じであろうインド人やネパール人の方を見つけて声をかけ、ついていくのが◎です

彼らは乗り継ぎに慣れている場合が多いのです

見つけられなくても落ち着いて、下の手順で進みましょう

 

③transitカウンターには行かない

荷物を受け取ると、その階のはじに【transit】と言う大きな看板が見えます

ここには進みません

そのカウンターは国内線用のトランジットカウンターです

また、中二階に案内されたりしても、行ってはいけません

 

④荷物をとったら「出口」に向かってください

トランジットの看板を無視して、出口に向かいましょう

簡単な荷物検査を受けて、出口を通過しましょう

 

⑤出口を出たら【Departure】の看板を見つけて3階出国フロアへ

迷うと思いますが、冷静に「Departure」の案内板を探しましょう

出国フロアは3階です

 

⑥予約した航空会社のチェックインを済ませ、そこからは普通の出国手順で進みます

チェックインカウンターで再度チェックイン、荷物を預け、搭乗ゲートへ向かいます

また手荷物検査やイミグレーションを通過し、搭乗ゲートへ

長い道のりです。お疲れ様でした!

 

スポンサードサーチ

まとめ

中国についた途端、ネット規制がありますので検索が一切できなくなります

SNSやGoogle検索、Yahoo検索も不可能です

この記事も、スクリーンショットなどで保存しておくことをオススメします

私も初めて利用する空港での乗り継ぎはとにかく不安..

そこでこの記事を書きました

乗り継ぎがうまくできず、チケットを買い直して悔しい思いをしたこともあります。皆様も乗り継ぎには十分注意して、楽しい旅を!



普段は雑貨屋さんとして開業について雑貨屋の日々のこと仕入れ旅についてなどブログにしています

お読みいただきありがとうございました( ◠‿◠ )

 

 

スポンサードサーチ

あわせて読みたい

-旅の準備編

関連記事

海外旅行の荷造りが10倍ラクになるアイテムまとめ【100均活用】

こんにちは!ガラクタやのひとみです     年末の仕入れ旅に向けて、私も海外仕入れ旅向けに荷造りをスタートしました 私はかなりのポンコツなので 仕分けをして荷造りしても、各袋の中身 …

記事を書いてる人
ひとみ @ekodanogarakuta
2010年 早稲田大学中退
2013年 資金100万円で東京江古田に
雑貨屋 ガラクタや ネバーランド開業
Blog 貧乏なら雑貨屋をやればいいじゃない。
雑貨屋生活、開業&経営話などなど配信
お問い合わせはTwitter or Instagram
などDMで待ってま〜す(*´艸`)
にほんブログ村 雑貨ブログ 雑貨屋へ
  follow us in feedly
  follow us in feedly



SPONSORED LINK